おしりニキビの原因

「ニキビ」というと一般的なイメージは顔にできるものですが、おしりニキビで悩んでいる方もたくさんいます。繰り返してできたり悪化しやすかったりするだけでなく、痛くて座るのが辛いこともあります。でも、そもそもなぜおしりにニキビができてしまうのでしょうか?
ここではおしりニキビができてしまう原因についてご紹介いたします。

体重による刺激

デスクワークが多い方などは1日中座りっぱなしということも多いでしょう。
座っていると、お尻は上半身の体重を一点で支えることになります。
それが長く続くと刺激となり、お尻の皮膚が固く角質化してしまうのです。
角質化が進むと毛穴が詰まりやすくなり、細菌が繁殖してニキビができてしまいます。
すでにできてしまっているニキビにも体重による摩擦によって悪化してしまうことがあります。

下着や洋服

サイズの合わない下着をつけてたりきついズボンを履いていると血管が圧迫されて血行が悪くなります。
血行が悪くなると必要な栄養が十分に行き渡らずに、肌荒れを起こしてニキビができやすくなります。
また、お尻は下着や洋服で通気性が悪く蒸れやすい場所でもあります。
湿気の多い状態は細菌が繁殖しやすく、かぶれて歩みが出たりニキビができてしまうことがあります。

乾燥

日頃からお尻の保湿ケアをしている人は多くないでしょう。
しかし、お尻は皮脂腺が少なく乾燥しやすい場所です。
乾燥が進むとターンオーバーが乱れて古い角質が溜まりやすくなります。
角質が蓄積すると毛穴が詰まりやすくなり、ニキビができやすくなるのです。

生活習慣

脂分の多い食事やお菓子を多く食べていると、お尻に限らずニキビの原因になったり肌荒れを引き起こしたりします。
また、睡眠不足はお肌が生まれ変わるために欠かせない成長ホルモンの分泌を邪魔するので、ターンオーバーが乱れて肌荒れやたまった角質が毛穴を詰まらせてニキビができる原因となります。

Copyrights © あなたの「お尻」に本当に効くニキビケア商品比べてみました!. All Rhights Reserved.